スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第48回「北の王者の死」

話としては纏まっていたのに、物足りなさを感じるのは何故だろう、、。
泰然自若とした藤原秀衡は奥州に一大王国を気づいた風格を感じさせるし、不肖の泰衡の神経質な挙動は未来の不安をこれ以上無い程に予感ていたし、
義経周辺の描かれ方に関して不足は無かったと思う。
佐藤兄弟の父親だって、感情を抑えた淡々とした物腰が潔くも哀しかった。

が、、問題はやはり主人公、、。
「新しい国」という単語、あれがどうも私には禁句のようです。
あの単語が枕詞にくると、全てが机上の空論として虚しく聞こえてしまう…。
兄の目指す国と自分の目指す国がどう違うか語る義経は、
武士がどれだけ地縁血縁を重んじているか知っていて否定の言葉を連ねたのだろうか、、?
西国における平家と奥州における藤原氏の基盤の違いをどれだけ知っていて福原と奥州を並べてみせるのか?
そんな彼の話を優しく頷きながら聞いてみせる秀衡の何と寛大なことよ!…と私は意地悪く思ってしまいます(ノД`)゜。
有言実行の難しさを知っている筈なのに、
理想の国作りに向けて未だ一歩も踏み出していない自分と、
着実に国作りの基盤を固めていっている兄とを冷静に比べることもせず
"自分の理想と違う"というだけで一辺倒な評価を下す義経。
兄を呼び捨てにする程憎悪する感情を見せた彼ならばそうした判断も無理からぬ事であり、
それまで聖人然としていた主人公に生まれた暗い感情が兄への偏向した評価を生み出しているというのは
私的にとても興味深いポイントなのですが…………
後ろ暗い素振りも影も微塵も無く秀衡父さんと語られてしまっては、
想像力を働かせようにも働かせられません…。泣。
脚本家の方は、徹頭徹尾、義経を屈託の無い世間知らずな人物として描き、
その未熟さと不釣合いな戦略家的才能が彼に不幸な未来を招いたということを表現したかったのでしょうか、、。
(単純に、制作する側の歴史認識の不十分さが、
義経の抽象的な発言や現状認識の甘さとして表出しているだけという可能性も否めませんが…)

物足りない回の時は勝手に自分で想像力を働かせて話を作り
無理やり楽しみつつ感想を書く癖がついてしまい
最終回を目前にして、自分が延々意味不明な感想を書いてきたのではと
今更に不安が生じてきましたが……もう引くに引けません。
泣いても笑っても残りは一回切り。笑。
何がどうなっても見るしかないのです…。

スポンサーサイト

2005/12/07 Wed in 義経
comment (0) | trackback (2) | edit

<< 最終回「新しき国へ」 | page top | 第47回「安宅の関」 >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/250-69c26cd9

義経「北の王者の死」
藤原秀衡の温情溢れる眼差しに出迎えられた義経主従はさぞ「ホ」とした事だろう。「何も申されるな・・・何もかも全て飲み込んでお引き受けする」なんという男の余裕と度量。義経さんの夢の国の話さえ笑みを持って「ここで鎌倉とは違う新しき国を目指してみるか?」....

2005/12/10 Sat 18:29:16 | Patra Ichida @ Blog

「奥州 藤原 三代 全3話」
突然すみません。「義経」に通じる「奥州 藤原氏」綴ってみました。のちの奥州「伊達政宗」も、part5まで出来ました。トラバさせてください。よろしくお願いします。もし重複の節は、お許しください。他の武将のテーマも多数あります。ご覧いただければ幸いです。

2005/12/11 Sun 15:53:47 | 酔想 『歴史・雑学・お酒・本・パソコン・時事通信・etc』

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。