スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第45回「夢の行く先」

正直な話、見ながらにして内容が脳から零れ落ちていってしまい、
何をどう着眼して感想を書いて良いか分からない、、。
全ての筋書きが義経を西から東へ都合よく引っ張り回し、
無駄を省いた台詞が登場人物の過去の性格付けを不可解なものにしている光景を、一体どう見れば良いのか…。

平泉は昔学会に行った時に散々歩き回ったけれど、
あの風景は福原と似ているんでしょうか……。
福原がどういった場所なのか分からないので比較出来ないのですが、
"夢の都"というキィワードだけでくっつけてしまうのは、ちょっと乱暴に思えます。
それに、そんなにも平泉をピックアップしたいのならば、
鎌倉(頼朝)と平泉(奥州藤原氏)の関係とか
平泉と朝廷との関係をも少し詳しく説明してくれても良いはず。
ドラマの印象から喚起される平泉が、
夢の自治王国になっているのは気の所為? 実際にそうであったのならば何も言えないけれど、
義経があまりに夢想家的に二つの土地について語るものだから、
どこもリアリティを持って見えてこない。
よって、平泉を目指す動機付けにも説得力が出る訳が無い。

漸く合流した駿河次郎。
やっと泥臭く熱い演技(良い意味で)が見れると思いきや、
それも束の間。
静が六波羅で詰問されるシーンも物足りなかった。
徳子と義経の会談にはあんなに時間が割かれていたのに、、。
徹頭徹尾行家らしい行家と、上皇らしい上皇は見事。
それに引き換え、打って変わって強硬な頼朝に
当初あった貴族っぽい飄々とした様子もなければ懊悩も無い。
政子は政子で鬼嫁黒幕設定で最終回までいくのでしょうね、、。
こんな二人が静と対面したらどうなるのか…余り想像したくありません、、。


んー…………、これは正直困った(ノ_・。)
全てが運命の悪戯で、
神様が気紛れに義経を弄んでいる風情で最後までいくんでしょうか。
全ての繋がりが曖昧で必然性の無い話は、
水のように脳の溝を流れ落ちていってしまいます…。
特にスペックの低い私の思考能力では、
次回予告の内容を覚えているので精一杯……。

次回は静の例の舞の場面だけれども、
新しい試みやら解釈は入るのでしょうか。
そして忠信の安否は如何に。
相変わらず次回予告は何かを期待させる作りになっているけれど、
蓋を開けてみると、、、。
…………。
来週の日曜は友人の結婚式で出掛けているので、
皆様の感想を拝見した上で再放送を見るかどうか考えたいと思います…。
スポンサーサイト

2005/11/14 Mon in 義経
comment (6) | trackback (4) | edit

<< 第46回「しずやしず」 | page top | 第44回「静よさらば」 >>

コメント

この記事へのコメント

TB有難うございました。
こちらのTBが遅くなり、すみませんでした。
>平泉は昔学会に行った時に散々歩き回ったけれど……
もしかして、日本史関係の大学の先生か、何かでいらっしゃるとか?
自己紹介のページが見つけられず、失礼しました。
いや~、いつもオバカなコメントばかり残してて、すみません(ペコリ)。
今回も、なんか無理矢理、平泉に話を持っていこうという展開で、「ちょっと、ちょっと、ちょっとぉ!」でした。
確かに、おもいっきり古い時代の物語ではあるのですが(よくやってる戦国物や幕末物に比べて)、義経の一人よがりな、ファンタジーに足を突っ込んだ話になってしまって、NHK大河ドラマとして、どうなんだろう?と、本気で考えてしまいました。
それでも、次週のご感想が読めたら嬉しいです!

2005/11/15 Tue 01:39:23 | U2 | URL | 編集

>U2さん
いやいやいや、此方こそいつもコメントを頂き有難い限りです。
大学の教員ではなくて、一介の古代史専攻の学生として学会に参加しただけですので、中世史に関しては全く門外も同然なので、また鋭い着眼点のコメントを読ませて下さいね!
義経の展開がすっかりファンtタジックになってしまった点は同感です、、。
史書や研究を参照すれば必然性のある平泉への道が拓けたと思うだけに、あのこじつけには私も途方に暮れました…。
さまざまな面で義経の考証に携わっていらっしゃる方々が出来上がったドラマをどうご覧になっているのか考えると、
なんとも言えない気分になります、、。
次回は忠信を見る為に!と目標を作って、何とか視聴するモチベーションを上げていきたいと思いますので、
お互い頑張りましょう。笑

2005/11/15 Tue 07:27:07 | figue | URL | 編集

次回予告
巴御前がどこかで登場する予告が先々週にやっていたような気がします。このお方もどこで出られるのか・・・気がかりです♪

2005/11/15 Tue 23:18:46 | ちこりん | URL | 編集

助け合って
せめてモチベ_ションを高めあいましょう!
うう・・・泣けます。

2005/11/16 Wed 01:59:05 | patra | URL | 編集

>ちこりんさん
その予告の件を忘れてました!笑。
巴は一体何処で登場するのでしょうねえ、、。
静と絡んでくるのでしょうか。
忠信以外に巴が何処に出てくるかも
モチベーションを上げるポイントになりそうです。
思い出させて下さって感謝。笑。

2005/11/17 Thu 03:05:57 | figue | URL | 編集

>patraさん
この窮地は、義経感想TB仲間で協力して乗り切りましょう!
ここまできて最後まで見れないのも後々心残りになりそうですし。笑。

毎回の次回予告の作りの面白さを見ていると
年末の「義経」総集編は編集次第で
面白いものになりそうな気がしているのですが…。
どうなるのでしょう…

2005/11/17 Thu 03:10:54 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/247-94805820

義経45うつぼは愛のキューピットか
タッキー義経クン、毎回ツッコミ処満載でツッコミのワタシとしては大変感謝しております。ところが今回フト気づいたのですが、タッキー頼もしくなってます。今回後半に撮ったであろう「此処で敵の手に落ちるわけにはいかぬ、蹴散らすのみ!!」この顔つきなど凛々しく頼....

2005/11/14 Mon 09:33:56 | ぱるぷんて海の家

義経(夢の行く先)
 ライブから帰ってきて(ライブの感想はまた後で)すぐに風呂に入り、耳がまだキーンとしているまま録画していた「義経」を観る。 静ちゃん捕らわれる。身重なのに、おなかを殴られて大丈夫なのかしら?{/face_acha/}忠信は崖に転落、次郎はあれだけの兵に囲まれながら後

2005/11/14 Mon 22:25:47 | ザクとは違うのよね

『義経』「夢の行く先」
なんか、見終わって数分たったら、内容忘れてるんですけど(爆)。良くもなく悪くもなく、強いて言えば、やはり残りわずかになって来ているから、展開が急いでいるように感じられた。義経はたったあのメンバーで移動している訳ではなかったろうに、あれだけなら、すぐにでも

2005/11/15 Tue 01:06:09 | バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)

義経、西国へ!(7)
&amp;#63893;歌舞伎になった「船弁慶」 明治期の歌舞伎の名優、九代目市川団十郎が明治18年(1885)に初演した、松羽目(まつばめ)物(能狂言に取材した歌舞伎舞踊)の「船弁慶」は、初演以来、さまざまな歌舞伎役者たちによって形が洗練され、現在も上演回数の多い人気作

2005/11/15 Tue 23:16:21 | 源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。