スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第44回「静よさらば」

感想を書くのに以前の倍以上時間が掛かるようになってきました…。
義経郎党一行が都落ちする光景に既視感を覚えたのは、
平家の都落ちやら義仲の敗走シーンがあった所為でしょうか。
似たような場面を繰り返さない為に、
歌舞伎からモチーフを借りて知盛の怨霊を登場させた点は
脚本上の工夫なのだとは思いつつも、
義経を九州へ入れない為の解り易い仕掛けだったのかなあ、とも。
何故"豊後"に行かなければならないのか、
もう少し政治的な事情を匂わせるなど欲しかったのが正直な所です。
ファンタジーな運命の悪戯で行き先を一転二転させる主人公と、
シリアスタッチに政治工作を行う鎌倉の面々の格差が大き過ぎはしませんか、、?

■知盛、怨霊に

映像としては面白かったと思います。
が、「見るべきものは全て見た!」と今生の未練を果たして死んだ武将が
再び世に未練を残した存在として登場するのは…ちょっと釈然としない、、。
義経一行の怨霊に対する態度が生者に対するものと変わらない点も、
どうにも納得いかない。弁慶が光明真言唱えて全て解決!?
戦うか戦わないか散々迷った清盛の血縁者だった筈なのに、
いざ打ち滅ぼして幽霊になって登場したら
畏怖もなく哀れみもなく「この世に未練を残して怨霊となられたか!」の一言で終わり。
嘗ての慈愛の義経様とは何か違和感がある……。
頼朝への敵愾心が義経を変えてしまったのでしょうか、、。


■ひたすら健気な萌と静

あー…、なんて健気でいじましい二人(ノ_・。)
義経側の人間の中で事の次第を正確に把握しているのって、
この二人だけじゃないかとすら思ってしまう、、。


■ナビゲーター登場

美輪氏が大好きなので、どんなに突拍子も無い登場でも我慢(ノ_・。)
お徳が見学に来れなかったから急遽呼ばれた見届け人の役割にも思えたけれど、
気にしない…(ノ_・。)。
法眼が"日の本のいずれかの地に~"と言ったということは、
義経がモンゴルに新しい国を探しに行く心配だけはなくなったしね!
(と、必死に自分を納得させてみます…)
しかし、もう、"新しい国"構想の規模が大きくなったり小さくなったり
他人の意見で転向していくのには少々うんざりです、、。
理想を掲げようが掲げるまいが、逃亡は逃亡。
八方塞の状況の筈なのに、"新しい国"と言われる度に
切迫した雰囲気や危機感が薄れてしまって勿体無い気がします…。



残す所あと数回。
実際はこんな訳ないだろう!と思うような性格付けだとしても、
一貫性ある個性を保っている登場人物には感情移入してしまうが、
相変わらず義経と郎党衆には…OTL
どんどん感想を書くペースが落ちそうな予感がします…。
スポンサーサイト

2005/11/07 Mon in 義経
comment (2) | trackback (4) | edit

<< 第45回「夢の行く先」 | page top | 第43回「堀川夜討」 >>

コメント

この記事へのコメント

感情移入困難!
TB有難うございました。
そうなんですよね。こんな奴は居ないというキャラクターであろうと、生い立ちやら、日頃の考え方やら、行いやら、一貫性があれば、充分にリアルに感じられ、感情移入できるはずですよね。
義経は、とっても面白い男だったと思います。もっと、「義経が好き!」という脚本家なり、製作者なりが、このドラマを作ったら、もっとリアルな人物像になったと思います。
なんというか……入れ込み様が足りなかったのではないかと。原稿用紙の上だけで、考え出されたキャラクターみたいです(泣)。

2005/11/07 Mon 20:52:19 | U2 | URL | 編集

>U2さん
こちらこそTBありがとうございます!
上皇や行家、目立っているけれど頼朝も、
実際登場している時間は余り多くないのに
見かける度に興味を引かれてしまいます。
義経は…最初からずっと個性を模索した形で
継続してきてしまったんでしょうかね、、。
仮にそうだとしても、U2さんの仰る通り
"義経が好き!"という気持ちが伝わってきていたら
もう少し感情移入出来たかもしれません(ノ_・。)

2005/11/09 Wed 15:44:08 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/246-5fe46b6b

義経44宗チャンと同類でした義経クン
前回義経クンの云った「新しき国」を、唐突にみんなが言い出します。家来郎党はもちろん静も。しかも妖術使いの如く現れた鬼一法眼までもが知ってます。鬼一法眼さん、あんた春以降ずーっと出てないのに何で「新しき国」知ってるの?しかしぃ、それにしても現れ....

2005/11/07 Mon 19:34:49 | ぱるぷんて海の家

義経「静よさらば」
朝型に決めたのに腕組みしながらマック画面を睨んでおります。というのもどちらへ伺っても義経の感想は・・・もう皆さん脱力感のみ。さもありなん、見せ場の能狂言「船弁慶」より頂いた知盛が怨霊となってまで義経郎党の行く手に立ち塞がる肝心のシーンの台詞「西国は我....

2005/11/07 Mon 19:47:37 | Patra Ichida @ Blog

『義経』「静よさらば」
今、大河『義経』見ながら書いてます。(もう、観るじゃなくって、見るね見る!)なんか……もういいや。脱落しちゃいそうです(泣)。もう泣き笑いしかないっす。いやはや……。弁慶、一っ子ひとり居ない浜辺で、どうやって法皇が義経追討の命令をくだしたことを知ったんだ

2005/11/07 Mon 20:31:33 | バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)

義経(静よさらば)
 今週の「義経」。 静との今生の別れの回だというのに、はっきり言ってがっかり。{/face_z/} まず、都を落ち、西国に逃れることにした義経一行だが、なぜか萌が鎌倉に帰ってしまう。{/kaeru_yodare1/}「萌」と、初めて呼び捨てにしたのは良かったが、帰しちゃいかんでし

2005/11/07 Mon 21:55:37 | ザクとは違うのよね

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。