FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第43回「堀川夜討」

畳み掛けるようなテンポの速い展開の筋書きは、
何も考えずに見れば面白い。
しかし、一度考え始めてしまうと其処彼処に釈然としないものが残る、、。
前回と今回の義経のテンションの格差も、好意的に解釈すれば、
命を狙われるぎりぎりまで兄を信じていた為と考えられるが、
常に何処かしら思案げで上の空なのはどうしたものか。
いつもバリっと着こなしている装束も、今回はしおっとした感じに見えた。(素材の違いでしょうか。)
更には、漸く全貌が明らかになった(?)義経版"新しい国構想"も抽象的過ぎてよく分からない。
唯一、土佐坊斬首を決めたシーンのみ、
壇ノ浦で水夫を討てと命じた折に見た義経の秘めた一面が蘇り、
ここからまた信念で突っ走るのか!と期待が膨らんだのだけれど、
前回の例があるので…過度の期待は止めておきましょう…。 ■鎌倉からの刺客

義経の善人的な面を重視する描き方ならば
放免されただろう土佐坊、今回は即決斬首。
今回を頼朝・義経の後戻り出来ない分岐点と位置付ける為だろうか。
だが、自ら斬首を行っておいて、
余り日も置かない内に参内していいのかな、、。
物語的に致し方ない事なのだろうけど、、。
しかし、抜け目無く暗躍しているかに見えた上皇が、
あんなにあっさり頼朝追討の院宣を出すとは予想外。
実際にも見切り発車で院宣を出して、
見事に予想を外してしまったのだろうか……。
そもそも院が義経に与えた所領を頼朝が剥奪するとかって、
それは容易く出来てしまうものなのか…。
とんとん拍子に展開が進むのは気持ちが良いのだけれど、
解せない…………。


■義経と萌

萌様やっぱり素敵だ(*´ェ`*)
義経の言動に心から安堵した表情を浮かべる健気さたるや、
感動ものでした。
義経的には普通に思った事を普通に言ったまでだろうに、
身を挺して護ろうとまでするし…(ノ_・。)
この微妙に噛み合わない一方通行な感情がどう推移していくのか
とても気になる。


■新しい国

……自給自足の独立国が、義経様の目指す国なんでしょうか。
実現するかは別として、もしその規模が"国"でさえなければ、
頼朝の新しい国構想と相容れるとか相容れないとか、
討つとか討たれるとか言い出さなくて良い話のような気が、、。
新しい国というより、義経理想郷構想ですね(;´Д`)
出家して皆で庵でも構えて、
田畑を耕して暮らすのが一番の早道かと思ってしまった私は
どこかで間違った解釈をしてしまったでしょうか…orz

まあ、出家して云々は冗談だとして、
そうした現実と乖離した理想を抱きがちな部分こそが
義経の悲劇の原点なのかな。
生来の戦上手でありながら、
現実を直視して把握する才には恵まれず、
その欠けた部分を補うものにも出会えず
ついには平泉で、、、と考えると、中々切ない気分にさせられる。
(欲を言えば、ここまで穿った見方をしなくとも
感情移入出来るようになりたい…)


■一進一退

行家って、上手く煽てて使えばきっと便利な人ですよね。
一人で兵士集めに奔走してくれるし。
(その間郎党衆は何をしてたの!?
義経は京の貴族達と繋がりを作ったりしてたの!?)
結果、一兵卒も増えなかった訳だが、それは至極当然の事。
ドラマ上のことだけ見て考えれば、
義経が親交を深めた武士は梶原景季のみ。
それにしても、
何故あんなにも上皇が義経を便利な手駒と思ったのか、
今となってはさっぱり分からない顛末だなあ、、。
後々になって都から立ち去ると言い出すにも関わらず、
勢い余って頼朝追討の院宣を請うに至っては、
ひたすら悩み続けていた日々に何の意味があったのか…。
それに、壇ノ浦後の上皇と鎌倉の勢力の変化とか、
義経周辺の貴族・武士の政治的な動向がわからないと、
上皇・頼朝・義経三者の動きが今ひとつ繋がって見えない。
上皇と頼朝は義経を過大評価し過ぎていただけだったの?


部屋が寒くて手がかじかんできたので、
今日はこの辺で……。
兎に角、、
登場人物を動かして物語を展開させるのが第一で、
史実はそれに合わせて適当に弄ってくっつければ良し!
……とだけはならないようにお願いしたい(ノ_・。)

スポンサーサイト

2005/10/30 Sun in 義経
comment (4) | trackback (4) | edit

<< 第44回「静よさらば」 | page top | 第42回「鎌倉の陰謀」 >>

コメント

この記事へのコメント

新しい国を
目指す!!と言っていた義経ですが、
いまや自分のことしか考えられなくなっています・・・。

2005/10/30 Sun 23:08:12 | ryi | URL | 編集

>ryiさん
命を賭けてついてきた兄と仲違いをしたのがショックで、
視野狭窄状態に陥ってしまったのでしょうか…。
元々郎党衆と会話する場面が少なかったというのに、
ここにきて一層少なくなってきてますね、、。

2005/10/31 Mon 02:37:57 | figue | URL | 編集

新しい国ってなんなの?
本当に自分達だけで山奥に引っ込んで、自給自足生活をすれば、こと足りるじゃん!って、私も思いながらTVを観ていました。
なんというか……腹違いであっても、平家から生き残った源氏の兄と、戦うわけですよね。
もっと、よっぽどの理由がないと、戦えないと思ってしまいました。
あんまり歴史を知らないので、大河ドラマを観ながら勉強してる身なんですが、きっちり時代背景と、納得できる義経の心情を描いてもらいたかったです(怒)。
先週に引き続き怒ってばかりで、すみませぬ(笑)。

2005/10/31 Mon 23:41:35 | U2 | URL | 編集

>U2さん
ですよね。
自給自足隠居山奥生活を発想してしまいますよね!笑
U2さんが怒りを覚えられる点には、私も同感です。
想像すれば何となく背景や関係はわかる気がするのですが、
全て視聴者の想像任せにされても解釈に困るばかりで、、。
来週こそはお互い穏やかに感想が書けることを祈ります。笑

2005/10/31 Mon 23:53:06 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/245-98293c47

義経43義経「新しき国論」発表す
大河ドラマ義経も、すでに終盤になってますが、いまだに義経クン何だか、ぐずぐず悩んでるのか拗ねてるのか、はたまたいじけてるだけなのか分からない顔してます。見てるとだんだんイライラすることも多い昨今の義経クンです。不思議なのは、今日のような戦いの時だけは....

2005/10/30 Sun 22:55:05 | ぱるぷんて海の家

義経(堀川夜討)
 今日の「義経」。 先週に引き続き、今日も静、うつぼ、萌様の揃い踏み。残り回数もあと僅かの中で嬉しい限り。{/face_yaho/} うつぼは、相変わらずあの場にいる必要があるのかないのか分からない中途半端な出方。まあ、もともと存在自体が必要ないと言ってしまえばそれ

2005/10/31 Mon 00:01:59 | ザクとは違うのよね

堀川夜討
毎週8時と10時の2回チェックしながら感想を書いていましたが昨夜は浮気。何を書こうかボンヤリしてしまう印象の義経、気を取り直しても「lovers」の金城君がチラ付くので困ることこまること。義経さんの中のヒロイン静と萌さんの薙刀姿、もっと派手に立ち回るのかと....

2005/10/31 Mon 04:28:23 | Patra Ichida @ Blog

『義経』「堀川夜討」
あれは何だったんだろう? フラ~ッと萌が薙刀を構えたかと思うと、すぐにフラリと倒れやがって(怒)! せっかく、今夜は萌殿が活躍するとワクワクして観てたのですが……だったら、出すな! 萌も静も、足手まといなだけじゃねーか! なんかもう本当に脱力系ドラマ化と

2005/10/31 Mon 23:14:47 | バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。