FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第30回 「忍び寄る魔の手」

タイトルが「忍びよる魔の手」ということで、
"法皇=魔"が公式に確定された記念すべき今回。
義経との会談は、法皇の完全勝利と思いきや、
最後の頼朝からの総大将任命依頼によって鎌倉方の逆転?
あれだけ義経が喜んでいたということは、
(頼朝の真意が全然解っていそうにないのはさておき)
まだまだ法皇に取り込まれていないと思って良いのだろうか。
けれど、それでも未だ余裕有りの笑みを浮かべる法皇が恐ろしい(;´Д`)
"新しい国"という単語が義経に一番有効な呪だということも、
既にお見通しなんでしょうか、、。

前回気になった夜盗集団は……
案の定、主人公と意を通わせたようで何よりでしたね。
それまで微塵も思い出さずにいた五足の名前のお陰で
検非違使としての功績を挙げられて良かったね!と皮肉げに眺めてしまうよ。
こんなエピソードに時間を割かず、
義経郎党のことをもっと描くべきじゃないのかな。
任官に際しての佐藤兄と弁慶の考え方の差異とか、
深く掘り下げて欲しい素材があったのに、、。 今回一番面白かったのは、静の"得体の知れない物の怪"発言と、
政子の頼朝評。
静の発言に対して「その物の怪の名前は法皇だよ!」と
茶の間から教えて上げたくなった視聴者が沢山居たに違いない。
流石白拍子。常盤を憑依させたかのような鋭さだ。
政子も政子で、
娘の有様を嘆いてヒステリックになるだけの女性ではなかった。
"情の人"であることを見抜いたからには、
今後は頼朝の操縦法を磨いてゆくことでしょう。
嗚呼、憐れな頼朝。愛されるって辛いね。


所で――蒲殿率いる平家討伐部隊の現状が全く映像化されず、
各所で説明的な台詞が出るだけなのが、とても物足りないです。
それと、京都と鎌倉の政治的な距離感がよくわからない。
(手紙を遣り取りする速度も不可解)
西国の動きも、平家の余力もよくわからないので、
結局注目してしまうのは鎌倉内の動向。
はっきり云って、主人公より頼朝に感情移入しています(-ω-)
頼朝の方が出来事と挙動と感情の相関が明瞭だし、納得出来る。
きっと義経は天才戦術家だから、
凡人には理解出来ない感情の動きをしているんだな!
…と割り切って良いですか、、orz
スポンサーサイト

2005/07/31 Sun in 義経
comment (2) | trackback (6) | edit

<< whiteband | page top | 男前豆腐のある食卓 >>

コメント

この記事へのコメント

法皇さまは魔なのね
こんばんは、お久し振りです♪
記事を拝見して、同じような所を注目しているなぁと。
思わず、コメントしてしまいました~。
それにしても、蒲殿&平家の描かれ方って・・・。
これも、義経が主人公だから仕方がないのかなぁ?

>はっきり云って、主人公より頼朝に感情移入しています(-ω-)
わたしも、同じです~。
義経の行動には、理解に苦しむことが多々あって。
多少、役者の影響もあったりしますがね(^^;)

2005/07/31 Sun 22:23:01 | 長月あき | URL | 編集

もはや魔としか。笑
お久しぶりです(´▽`)
蒲殿の現状とか平家の残存兵力が解らないと、義経がどんなに活躍してもピンとこない気がするんですがねえ、、。
義経が画面に入っていない場面は極力減らす方向では…ないと思いたい(;´Д`)

元々鎌倉贔屓な所為もあって、
中井頼朝にばかり目を引かれてしまいます(。_。;)
今後主人公の印象は、変わるかなあ…。

2005/07/31 Sun 22:53:05 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/202-ad3c9f27

義経30攻める法皇悩む頼朝
主役は一体誰だっけ?今年の大河ドラマ見てるといつも思ってしまいます。だいたい、大河ドラマは1年の長丁場なので、主人公の喜び悩み葛藤などを通じて、成長していく様を描けるわけだけど、今年の主人公はいっこうに成長の跡が見られない、というより成長のための「

2005/07/31 Sun 22:08:06 | ぱるぷんて海の家

義経第30話
気付けばもう既に5分の3が過ぎ去っている義経ですが、今回も甘ちゃんっぷり爆発です

2005/07/31 Sun 23:00:38 | こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!

大河ドラマ「義経」第30回 忍び寄る魔の手
大河「義経」第30回、見ましたー。{/tv/}なんだかんだいって、もう30回なのですねぇ。今回見ていて痛感したのは、言わず語らずで相手の思惑が理解できるはずもないのに・・・ということでした。●源義経朱雀の翁に依頼して夜盗の頭目たちを集め、盗みの道をあきらめるよ

2005/08/01 Mon 06:06:37 | 晴れのち平安

座長後白河院「義経ころがし」一人芝居
『義経』第30回「忍び寄る魔の手」今回の平家の出番は・・・たった3秒しかも出演は知盛サマのみ・・・重衡クンの動向は先週に続いて完全無視何か平家に恨みでもあるのでしょーかま、それはさておき・・・今回の見所は、やはり後...

2005/08/01 Mon 13:46:56 | 日々是平安

忍び寄る魔の手。
九郎は夜盗の取り締まりに追われる日々ですかー。「仕事に重いも軽いも無い!!」って

2005/08/01 Mon 21:07:59 | 徒然日記

●後白河法皇●~後白河院の野望と挫折
1156(保元元)年、父&amp;#63653;鳥羽法皇の崩壊後、兄崇徳上皇が起した保元の乱に、平清盛・源義朝の活躍で勝利すると、荘園整理の基準を自らの即位時点に求めるなどの強硬な保元の整理令を下して、摂関家の勢力削減を進めるなど皇室権力を強化しようとしました。その後、.

2005/08/03 Wed 01:19:57 | 源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。