スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

蒲公英草紙

蒲公英草紙―常野物語
4087747700恩田 陸

集英社 2005-06
売り上げランキング : 2,868

おすすめ平均 star
star“常野”・・・新たなる物語
star心にひびく「常野一族の年代記」
starゆっくりとゆっくりと読んでください。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
読了。
恩田陸の"常野一族"に纏る中篇。
物語は明治時代の穏やかな集落を舞台とし、
語り手峰子が少女時代の出来事を回顧する形で始まる。

文章に流されるように素直に読むのが吉。
冒頭から物語が"何か"に向かって流れていくのが
漠然と感じられるけれど、それが逆に心地良い。
登場してくる人物それぞれの潔さが清々しくもあり、
哀しくもあり、泣かされた。
池端先生には完全にツボをつかれた(ノД`)゜。
明瞭に時代性を訴えてくる作品よりも、
少女の目に靄がかったように映る"漠然とした不安"として
社会情勢を描かれる方がじわじわくるなあ、、。


集英社サイト内の「蒲公英草紙」コンテンツ
※小説の冒頭が読めます。

スポンサーサイト

2005/07/22 Fri in Books
comment (0) | trackback (0) | edit

<< 第29回 「母の遺言」 | page top | 成長 >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/193-cca0568f

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。