FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第28回 「頼朝非情なり」

どうして此の期に及んで迷い始めたんでしょうか、
主人公殿は、、、。
結局、「新しい国を作る」と宣言する人間にくっ付いては、
"自分の考える新しい国とはちょっと違ったなあ"と思って
離れるのを繰り返すだけ?
嗚呼、義経的オポチュニズム。
その都度自分の信念で動くものの、自分が立ち振る舞う事で
変化する事象の全体像が見えてないのね、、。
その上、自分で決めて行動したのにも関わらず、
その行動を潔く受け容れない始末。
捕虜にして、更には斬首已む無しと断言した癖に、
重衡に対して「どうして話し掛けて来ない」なんて訊くなよ…。
潔く運命を眺めて死に臨んでる人間に、
"お前の行動は罪ではない、武士として当然の振る舞いだ"と
罪の意識を軽くして貰いたかっただけにしか見えなかった。
「幼い時分は~」とか言ってたけど、
君は未だ充分幼いです(´-ω-`)
「九郎殿は人を惹き付ける」と政子が言っていたけれど、
大丈夫、私に義経マジックは効きません(´-ω-`)

大姫の幼い一途さが皮肉にも招いてしまった悲劇。
頼朝の決断と、先の展望。
色々な展開、色々な見処があった筈なのに、
主人公の煮え切らなさでぐだぐだー…(´□`。)°゜。
しかも、今生の別れをした母上までまた次回登場しますか!

死に対峙する義高、重衡。
新しい国の全体像を見据えて非情に生きる頼朝。
今の義経では、どちらにも太刀打ち出来ないよね。
…義高のエピソードが終わった今回、
次から何を支えにドラマを見れば良いんだろ……。
(梶原父子の家庭内不和とか?……orz)
スポンサーサイト

2005/07/17 Sun in 義経
comment (4) | trackback (4) | edit

<< 愛される理由 | page top | いちじく >>

コメント

この記事へのコメント

同感です
最近だんだんと義経について行けなくなってます。ぐずぐず病もだけど、考え方も分からなくなってますね。

2005/07/17 Sun 22:19:12 | ぱるぷんて海の家 | URL | 編集

"自ら悲劇を招いた人物"と印象付けたくて、今の義経像を意図的に描いているなら成功しているのかもしれないですよね。
けれど、主人公に感情移入出来ない作品は見るのが中々ツライ、、。

2005/07/17 Sun 22:44:39 | figue | URL | 編集

よろしくお願いします♪
TBさせていただきました♪

常盤様はこの分だと、御病気で他界する感じですね♪一見、健康そうに見えた今まででしたが何となく「とってつけた・・・・」みたいな流れだなぁーと感じました。

2005/07/22 Fri 11:39:06 | ちこりん | URL | 編集

TB有難うございます(*´ェ`*)
何やら重要そうな遺言を残しそうですね、常盤殿。
しかし、何度も別れを経ては復活する傾向があるので、
次は夢枕に立つのではないかと勘繰ってしまいます。笑

2005/07/22 Fri 18:34:16 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/190-6daf7c3e

義経28「頼朝の決断」
義経は、一体いつまで「御曹司」というこそばゆい名前で呼ばれるつもりなんだろーなどと云う疑問、どうでもいいですよ~また、とってつけたような熊野水軍との出会いなどもどうでもいいですよ~「頼朝非情なり」というより、源氏の棟梁として、決断するまでの頼朝

2005/07/17 Sun 22:17:10 | ぱるぷんて海の家

威風堂々、武者重衡!
『義経』第28回「頼朝非情なり」日曜8時の男 響鬼&重衡こと細川茂樹ファンの皆様お待たせ致しました満を持してやって参りましたこの回・・・平重衡スペシャルこの際ですから、主役義経も、非情な頼朝も、気の毒な義高クンも可哀想な大姫サマのこ...

2005/07/18 Mon 17:09:29 | 日々是平安

頼朝英断なり・大河ドラマ「義経」第28回
英断っつうほど特別な決断でもないと思うけど、いちおうこう書いておく。義高が斬首されたのはひとえに逃亡の罪による。これ以外にはない。将来頼朝に仇なす可能性を見出した、というのはとってつけた理由だろう。なぜなら仇をなすなさないというのも、感情の問題だからだ。

2005/07/18 Mon 23:10:54 | ひなすけの日記

●源義経●~京都に凱旋(1)
一の谷の合戦で勝利した義経は都に凱旋。平治の乱で敗れた父・義朝の恥辱をすすぐため、討ち取った平氏の首を都大路で引き回す「頸渡し」を要求する。 &amp;#63911;戦勝の第一報 「未明人走り来たりて云はく、式部権少輔範季の許より申して云はく、梶原平三景時の許より、.

2005/07/22 Fri 11:33:22 | 源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。