FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

第17回 「弁慶の泣き所」

『1180年12月 平重衝が東大寺・興福寺を焼く』

今回の話はこの時期前後。
義経は1159年生まれだから、この時点で約20年経過。
17回目で20年が経過。
残りの回で1189年までやると云う事は、
清盛死後急に主人公の周辺の話の密度が濃くなる、、
ということなんだろうか…。
時々このドラマ、時間の流れが解らなくなってしまう。
福原遷都から重衝の大仏焼き討ちまで
やたら時間が掛かった気がするのだが、、
それは渡清盛の演技の賜物なのか。
京に戻る事になってからというもの、
一気に何歳も老けてしまったかのような様子。
ものの数ヶ月間の出来事に思えない程の変り様だった。
時間の経過は感じたものの、対して描かれた事象は少ない。
東大寺・興福寺焼払は次回仔細が描かれるのか??
映像化が難しいといっても、重要な出来事だし、
余り省いて欲しくないのだが、、。
弁慶のキャラクター付けも必要だろうが、
もう少し平氏公達の各人の性格付けをして欲しいなあ。
私が気になったのは重衝の嫁の心情ではなくて、
焼払に臨んだ重衝自身の心情。この辺は次回に期待。

鎌倉の義経サイド、
稀代の荒法師が女に一切免疫が無いのも不思議な気がしたが、
義経従者の面々には一貫して喜劇的な役割を担わせて置きたいのかな。
その方が後々のことが際立つのだろう。
オセロ中島の千鳥は、関西弁でなくとも違和感無し。
思いのほか凛々しくて良かった。
以前もNHKのドラマに出ていた所為だろうか。
すっかり従者に馴染んだ佐藤兄弟。目立った台詞は無かったが、
要所要所のリアクションに味が有る。

今回一番違和感があったのは、
義経が政子に嫁にしたい女が居るか否かと訊ねられて
「おりません。」と返答する場面。
素直で品行方正、前向きで素直、
虚飾を知らない義経をここまで描き続けて、
「おりません。」と言わせてしまうのか!
静のことを念頭に「おります。」と言わせて欲しかった。
言ったとしても言わなかったとしても、
静が鎌倉を離れるのだったら、言ってしまったら良かったのに!
……まあ、単なる私の妄言です。

逆に、よくぞ言ってくれたと思ったのは、
静出立の場面で弁慶が静を呼び止めたところ。
他のメンバーが呼び止めたのではなく、
女性が苦手で静の存在にも中々慣れなかった弁慶だったのは、
意味が深かったんじゃないでしょうか。
男女の機微に疎く、その類を避け勝ちだった人間に見えた如実な変化。
主人に進展がなくとも、従者は着実に成長(?)している。


次回は絶対に見逃せない、清盛臨終の段。
重衝の焼払の仔細もあったら、良いなあ、、。


スポンサーサイト

2005/05/02 Mon in 義経
comment (0) | trackback (4) | edit

<< 懊悩メロンパン | page top | 塩豚 >>

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/134-bca8a5ea

大河ドラマ:「義経」
久々に義経の記事でも書いてみよう。先週でオセロ松島の役終わったと思ったら、今週から中島の登場ですか??てか健さん面白いです。弁慶はまってます☆暴れん坊将軍と全然違っていていいです☆弁慶の泣き所って海泳げんこと?女子に弱いこと?財前直見の北条政子もいい味出

2005/05/02 Mon 22:42:25 | Nの鼓動

弁慶の泣き所。
義経。弁慶は激鈍だったねぇ~。千鳥はサバサバしててよいね☆いつもの中島知子って感

2005/05/03 Tue 19:47:10 | 徒然日記

弁慶試練の時・大河ドラマ「義経」第17回
今日はまぁ、GW記念コントというところか。弁慶が初めての女性の肌に動揺して小屋の壁をキレーに突き破って脱げ出すところなんざ、モロにドリフのノリですな。冒頭から弁慶の泣き顔に笑いっぱなし。笑うと同時に、顔の芝居に味があってよろしい。マツケンこと末七は上様特有

2005/05/03 Tue 22:21:48 | ひなすけの日記

『義経』 第17回 弁慶の泣き所 
この回は一体何の意味が。。。50回しかない『義経』の貴重な一回がこれですかいと思うけど弁慶がかわいかったからまあ良し!肌を見ただけで壁壊して逃げるなよ~(笑静ちゃんがとうとう帰ってしまいました。回を重ねるごとにかわいくなっていきますね(= ̄∇ ̄=) 来週はとう

2005/05/05 Thu 09:26:43 | 裏★猫蹴

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。