FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- in スポンサー広告
edit

塩豚

4_30s.jpg壊れた文章を延々とTOPに置くのも何なので、料理をしてみた。

鳥ハムに続く"塩+肉"調理第二弾。
『塩豚』


レシピはウマイモノ様掲載のものを参照。
材料の肉は、一昨日スーパーで買った豚ヒレ肉(勿論割引品)。
塩は、羽振りが良い時に購入しておいた舶来物の岩塩。

■調理課程
塩を擦り込んで2日と少し経過した肉を大胆に切る
→鍋の中にモヤシを敷く。
 火が通ると量が減るのでモヤシは多めに。モヤシ大好き。
→モヤシの上に肉を並べる。
→その上に日本酒を振り掛ける。適量。
 少な過ぎると焦げつく場合も有り。その辺は勘と経験を磨くのが吉。
→蓋をして蒸し焼き。火加減は弱火。
→「もう少し火に掛けた方が良さそう」という頃合で火を止め、
 蓋をしたまま予熱で肉の中まで火を通す。
 肉が完全蒸せるまで火を消さずにおいても良いが、
 その前に酒と水分が蒸発し切ってモヤシが焦げる可能性有り。
そんな感じで完成したのが写真の一品。
大胆に調理するのがコツ。失敗を恐れてはいけません。
というか、何事も最初の1回目は失敗すると思って実行しましょう。
上手く出来た時の喜びが増します。

味はというと、
肉の上等さと塩のお陰で大変美味しゅうございました。
たくさん胡椒をかけて食べたら更に美味。
ちょっと火を通し過ぎても、
塩漬けのお陰で肉がむっちり柔らかくなっているので
余り気にならない!素晴らしい!

当分、塩豚で生きていこうと思います。
スポンサーサイト

2005/05/01 Sun in Cooking
comment (2) | trackback (0) | edit

<< 第17回 「弁慶の泣き所」 | page top | 黄金週間 >>

コメント

この記事へのコメント

塩豚nice!
塩豚って本当においしそう。
ここで質問。
塩はどの程度の量をもみ込むの?

それから面白いサイトを見つけたよ。
『伊藤家の食卓』
http://www.ntv.co.jp/ito-ke/new2/cooking2/cook_index.html
私は感動した。。。

2005/05/02 Mon 01:59:15 | rit | URL | 編集

お試しあれ
私は肉300に対して10g位でやった。
肉の表面にまんべんなく擦り込む感じ。
結構しっかり塩味が付くよ。

裏ワザレシピ凄いね、、。
全部、手軽と手間の境界線上にあるあやうさがたまらん。
メロンパン気になるなあ。



2005/05/02 Mon 13:06:47 | figue | URL | 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL: http://fig.blog5.fc2.com/tb.php/133-50e7c21f

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。